幕見席への長き道のり

復帰を果たした三津五郎丈の踊りを見物しようと出掛けるも、満席で入場を断られる。予想もしなかったことで、ひどく気落ちした。かつては立見でいくらでも入れていて、入れないのはよっぽどの演目(襲名前最後の舞台とか、一世一代の舞台の千穐楽とか)の時だけだったが、さすがに消防法が許さなくなったのかな。傷心のまま、いわて銀河プラザで買い物。久しぶりに山下書店にも立ち寄り、買いたい本は山ほどあったけれど、我が家の本棚に未読本が積まれていることを思い出してグッと我慢する。

新装歌舞伎座の幕見席に入れるのは、いつになることか。

[PR]

by kstokyo | 2014-04-20 16:44 | 芝居見物

<< 幕見デビューと友、そしてキャロ... 錫の花器 >>