茶碗を求めて

ボーッと食後の後片付けをしていたら、ご飯茶碗のふちをかいてしまった。量産品で金継ぎするほどの代物でもないので、新しい茶碗を求めて銀座たくみへ。すると偶然、2Fで蔵出し市をやっており、久々に祖父の遺品に再会することができた。祖父のあつめた品々が、お好きな方の手に渡ってくれることを願う。
[PR]

by kstokyo | 2012-07-01 21:56 | 美しき人、もの

<< こころ旅 多忙の週 >>