きものパラダイス

母と伯母が、先週ふたたび祖母の遺品の着物を見つけ出してきてくれた。どれもこれも古いけれど、愛着のわくものばかり。たまらずすべてに袖を通してみた。けれど、どれも丈が短くお直しが必要である。いよいよ本気で京都行きを検討せねばならぬ。
[PR]

by kstokyo | 2011-12-06 23:59 | 美しき人、もの

<< 平成中村座十二月大歌舞伎 NHKニューイヤーオペラコンサート >>